« かわいらしさを演出 | トップページ | 減らしましたわ »

2009年4月 6日 (月)

アタマイタイ・・・

今朝、朝っぱらから玄関のベルがなった
7時半頃だっただろうか
だんな様が「もしかしたらあの子かも・・・」といって出た

泣きながら玄関に立っている小さな男の子
ちょうど一週間前と同じ、小脇にぬいぐるみを抱えて泣きながらうちのピンポンを鳴らしたあの子だ

一週間前も全く同じ事が起こった
10時半頃だっただろうか
泣きながらうちの玄関に立っている小さな男の子
お母さんがいない、お母さんがいないと泣きじゃくる
どうしていいのかわからずなだめてから話を聞く
どうやらお隣のお子さんに間違いはないらしい
前から隣のお宅から泣き声が聞こえていたからだ
お母さんは?「会社に行った・・・」
他は誰かいないの?「お祖母ちゃんは病院・・・」
あまりに泣きじゃくっているので心配になり
どこか痛いとことかある?「ちょっとお腹いたい・・・」

ぶっちゃけもうどうしていいのかわからずだんな様へ電話した
名前も連絡先もわからず泣いている子はお腹が痛いと
しばらく様子をみたほうがいいんじゃないかということで
私はお隣と自宅をうろうろとしているとご年配の女性が
どうかされましたか?と聞いてくれた
その子のお祖母さんだった

よかった~助かったぁ~と実際思った
うちに入れたら誰か迎えに来た時に困るし
そうといってお隣のうちにあがりこむわけにもいかず
でもこの寒空の下で外でずっと子供をおらすわけにもいかず
しかたなくお隣の玄関先と廊下くらいまではあがってしまった
とりあえず事情をお祖母さんに説明したら
1人でいるのが怖くてすごく寂しがり屋だそうで
お腹が痛いのもきっと言ってるだけでたいしたことはないという
私もなかなか時間通りに来れなくてご迷惑かけました
と・・・その時は一件落着だと思っていた
その後、お母さんが一言くらい挨拶にくるかと思っていたのだが何の音沙汰もなし・・・

そして一週間後・・・今朝だ・・・
魔の月曜日と言ったらバチが当たるのだろうか

だんな様は会社へ行かなければいけない
とりあえずまた私が事情を聞くことに
お母さんは会社へ、弟さんは一緒に保育園へ
お祖母さんは今日はこない
その男の子も9時5分に学校へ行くという
この前よりは泣きじゃくっておらずすぐに泣きやんだ
9時5分まではあと1時間半もある・・・

私はパジャマ姿で顔も洗ってない状態だったので
着替えてくるからちょっと待っててねと言ってうちへ
そして、5分もしないうちに、ピンポーン・・・
だんな様がお相手、私は着替え中
だんな様がおうちで待っててっといっても玄関の前にいるらしい

さらにピンポーン・・・
着替え途中で玄関先の男の子のもとへ
もう泣いていない・・・そしてその子は私にこう言った
「お母さんがおうちに知らない人を入れちゃいけないって・・・」

私はその言葉とその子の表情をみて悟った
この子は無知な小さい子供ではなく、良い事と悪い事がはっきり区別できるくらいの年齢なのだと
そして私は男の子にこう言ってみた
そうだね、知らない人は入れちゃいけないよね?・・
だから私は僕のおうちには入れないよね?・・
ということは私のおうちにも入れてあげられないよね?・・
じゃあどうしたらいいと思う?・・
その子はちょっとわからないみたいな顔をしたので
じゃあお母さんはなんて言ってた?
とその子の様子をうかがいながら問いかけてみた

すると奥から「子供を質問責めにしたらあかんやろぉ~」とだんな様が言った
正直カチンときた、こんな状況でしかも子供の面倒も見たことがない私にそんな正解模範回答のような対応ができるわけがないだろう
だんな様とも不協和音・・・

じゃあお母さんはなんて言ってた?の問いに対し
男の子は少し考えて「・・・1人で待ってる?」と言った
お母さんにはきっと1人でお留守番して時間になったら学校に行きなさいと言われていたのだろう
もう男の子の表情には泣いてる影もない
少し甘えるように照れながら私にそう答えたのだ
私はとっさに、もしここで何らかの手を差し伸べ私に甘えさせたらダメな方向に行ってしまうように思った、正直、私の対応がよかったのか悪かったのかなんて全くわからない

いつもはお母さんは弟さんと一緒に朝6時に家を出るらしい
その子はいつも学校は7時半に行くらしい
でも今日は式があるから9時5分に行くらしい
小学校の始業式だな・・・小学校2年くらいか?
(聞けば良かったな・・・)
いつもの1時間半なら1人で待っていられるがそれ以上は1人では待っていられないということか・・・

私は男の子にこう言ってみた
そうだなぁ・・・お母さんが会社に行ってるのはぁ、例えばおいしい物を食べさせてあげたりぃ、おもちゃを買ったりするために頑張って会社に行ってるよねぇ・・・弟さんも小さいから1人じゃいられないから保育園に行ってるよねぇ・・・じゃあ僕はどうしようか?・・・まだ学校までに時間があるよねぇ・・・もうちょっと1人で頑張って待ってみる?

すると男の子は「1人で待ってみる」と言って隣へ戻っていった
そしてまた少ししてからピンポーン・・・・
「やっぱり1人は怖い・・・」この時はもう泣いてはいない
そういえば名前も聞いてなかったと思い名前を聞く
そんなやりとりをしている間にだんな様はご出勤
玄関前でいってらしゃい・・・その子と一緒にお見送り

さてどうしたものか・・・
こないだ連絡先でも聞いておくんだったな・・・
うちとお隣の玄関先を行ったり来たり
もう少し頑張って待ってみると言ったのでまた様子見

そしてまた少したってからピンポーン・・・
今度はその子は私にこう言った
「さっき学校のチャイムがなったから学校に行ったほうがいいかなぁ?・・・」
・・・・・(そんなこと聞かれてもわからない)・・・・
その子はもう全然泣いてはいない

どうかなぁ?・・・私も学校に行ってないからそれはわからないなぁ・・・じゃあ学校に行ってみる?先生とかお友達とかいるから寂しくないかも?・・・
とその子に言ってみた、するとその子は
「だめ、今行っても先生も誰もいないよ!」
・・・(いろんな事わかってるじゃないか)・・・
学校へは○○君の家の前で集まってみんなで行くとのこと
でもまだ早すぎるらしい・・・
そうだよなぁ、まだ1時間弱もあるし・・・

じゃあもう少し頑張って1人で待ってみる?と聞くと
どうしよう?どうしよう?と自問自答をしばらく繰り返し
行ってみる・・と言って隣に戻っていった・・・

また来るかもしれないと思い家事をしながら様子見
そうして9時5分が過ぎた・・・・
それからピンポンは鳴らなかった
あれからきっとすぐに出掛けたんだなと思った

そうして今、、、、、正直ちょっと気が重い・・・
また同じ事が起こるなんて思ってもみなかったからだ
前の出来事はきっとお母さんも知っているのだろう
「知らない人をうちに入れてはいけない」と子供に言っているくらいだし・・・
それを聞いたうちのだんな様は
「それ言う前にまずうちに来るだろ(謝罪に)・・・」と言った
私ももっともなご意見だと思う
あまり人様の子育てに物申したくはないので私は触れないでいたのだが
しかし、こんな事が習慣づけされると・・・かなり困る・・・

そうでなくても最近ちょっと情緒不安定気味、ヒッキー気味になっているのに追い打ちをかけるようにこの出来事だ
正直・・・ピンポン恐怖症になりそうだ
アタマイタイ・・・
セールスや宗教系の勧誘なら少々邪気に扱ってもよしだろうが
それでも時々断るのが苦痛な時もあるのに
決して悪気があるわけではないのだが
ぶっちゃけ泣いている子供の方が質が悪い・・・
(こんな風に思う私はひどいのだろうか・・・)

このままでは絶対だめだろう
でもどうするのが一番よいのだろう
私のこんな対応がよかったのかどうかもわからない

やはり今日中にあの子の親御さんに報告すべきだろう
と私は思っているのだが・・・
今晩、お母さんが帰ってきているだろう頃合いを見計らい
お隣へ直接、面と向って今日あった出来事を報告し
正直困っていることを話すべきだろうと思っている・・・

ほんとにどうしたらいいんだろう・・・
アタマイタイ・・・

|

« かわいらしさを演出 | トップページ | 減らしましたわ »

日常」カテゴリの記事

コメント

うーん、大変ですなぁ。

普通なら一回目の時に母親が謝罪に来ると思うのですけどね、そうとも言い切れないですね最近は。

そもそも、おばあちゃんから聞かされてないのか、聞いても気にしていないのか。大した事ないと思っているのか。どうしようもないと思っているのか。

私からすると理解不能な親もいます。色々な考え方、子育てがありますよ、ほんとに・・・もうびっくらって事も。それちがうやろー!!!って(笑)

私もやっぱりその子の親に直接言いますね。
朝、これこれこうで泣いてウチに来ました。
うちも、朝はバタバタしてますし、ちょっと困ります、
と。
どの程度はっきり「困っている迷惑だ」と言うかは相手の感じを見ないと分からないですけど。
その親が全然状況を理解していないのなら、ちゃんとはっきり言わないとダメなような気がします。
相手がどういう反応するか、分からないですけど。

かわいそうなのはやっぱり子どもですからね。

投稿: だしまき | 2009年4月 6日 (月) 18時47分

いろんな人がそれぞれの価値観を持って生きてる今の世の中、親の数だけいろんな子育てがある、と思う。

その子の家庭事情がよくわからないけど、もしかしてひとり親家庭なのかな?
その子のお母さんはその子にちゃんと言い聞かせてるつもりなんだろうね。
『留守番してね、お兄ちゃんなんだから』とか言われ、その時はうなずいたものの、子供だからね。
我慢できない時もあるよね。
親は自分の子供を信じてやらなければいけないと思うけど、決して過信してはいけないと思う。
『うちの子に限って』『うちの子は大丈夫』って考え方、とても危険だと思います。
その子の母親はきっと我が子の寂しい気持ちに気づいてるけど気づかないふりをしてる。
ような気がする。
だって、仕事しないと食べていけないしって。

実はワタシもひとりで10歳まで息子を育てたんだ。
最初の離婚の時の取り決めで、後継ぎだから10歳になったら父親方、って決まってたから今は別々に住んでるけどね(行けば好きな時に会えます)。
ワタシも必死で仕事して、息子に人並以上の生活をさせてやろうと頑張った結果、息子には随分と寂しい思いをさせてしまっていたと思う。
だけど、寂しい時にはこれを見てね、ってワタシの写真を渡したり、手紙を書いて出かけたり、携帯にメールを送ったり、出来る限りのことをしたつもり。
今思えば十分ではなかったけど。
でも、息子は言ってくれてた、お仕事頑張ってねって。
だけどもし、それでも寂しくなって、今回ように隣のうちのピンポン鳴らしたとしたら・・・ワタシなら絶対に言ってきて欲しいと思う。
その前に、子供やおばあちゃんからそんな話を聞いたら一刻も早くこちらから一言謝りに行くけどね、迷惑かけました、って。
そのへんがようわからん。
休みの日とかどうしてるんだろ?
朝ご飯はひとりで食べてるのかな?
夜はどうしてるんだろ?
そんなこといろいろ考えて、今少し泣きそうです・・。

長くなったごめん。

言いにくいだろうけど、お母さんと話した方がいいと思う。
そして、これはすごく極論だけど、そういうことを相談する専門のところもあるから。

投稿: まさきち | 2009年4月 6日 (月) 19時34分

★だしまきさん

コメントありがとうございました
とっても嬉しかったです(ほんとに泣きそうなくらいだったんで・・・)

私もいろいろと世間の話をニュースや噂で聞いていると
親でない私でもそれは違うだろうと物申したくなる時もあります
実際の状況も立場にも立ったことがない私が偉そうに言うことができないということもわかってはいたので、どう対処していいのかほんとに悩んでいました

昨晩、意を決してお隣のお母さんにお話をしてきました
人当たりもよく、すぐに謝罪に行けなかったお詫びもしていただき、あった出来事を話しました
色々とお話もうかがいました、まさきちさんのコメ返しのとこに少し書こうと思っています

そうですね・・・
子供にとって一番いいことをしてあげなくちゃいけないですよね・・
一回目の時は私がいたことで少しはあの子にとってはよかったのかなと、少しは寂しさを紛らわす役には立ったのかなと、びっくりはしたけどあの子目線で見ることができましたが・・・
今回はさすがにちょっと困ったが先に立ってしまって、自分目線でしか見ることができなかったように思います
もっともっとその子目線で見なければいけなかったのだと、ちょっと自分自身を悔やみ、色々なことを思い出しちょっと泣きました

泣いている子供がいたら笑顔にさせるくらいの強さがないと母親になんかなれませんよね
もっとおおらかにどんと構えていられる心のゆとりを持っていないといけないと思いました

投稿: ニコ | 2009年4月 7日 (火) 13時42分

★まさきちさん

コメントありがとうございました
そうだったんですね・・・
コメ見ながら泣きました・・・そして自分がとても情けなくて、なんか全然だめだなって思っちゃって・・・また落ち込み泣きました

今回は自分目線で色々と考えてしまって・・・もっともっとその子の目線に立って親身になって考えてあげなければいけなかったのだと少し反省しています

昨晩、一連の出来事をお母さんにお話してきました
まさきちさんのおっしゃる通り、お隣は母子家庭でした
以前は確かだんな様がいらっしゃった気がしたので少々驚きました(うちのだんな様は感づいていたようです・・・)
学校へ行く時間をアラーム設定して鳴ったら学校に行きなさいねと言っているそうです
お母さんは病院の受付をしていて、お子さんよりも早く出掛けなければならないし、病院なので携帯電話の電源は切らなくてはいけないのでなかなか電話もできないらしい
朝はお母さんと弟さんが一緒にでて保育園に預けてから仕事へ
その子はおうちで1人でお留守番でアラームが鳴ったら学校へ
帰りは学童保育があって6時まで預かってくれるそうなので仕事が終わってから2人のお子さんを迎えに行って一緒に帰宅するというサイクルらしい

最近、近所で小学3年生の子供がナイフで切られる通り魔事件があったらしい
でもこれは全くの誤報だったということなのだが・・・
(私もだんな様も知らなかったしニュースにもなってないので)
でもこのことを学校で校長先生がお話をされたらしく、今までは平気だったのだが、それを聞いてから1人でいるのが怖くなってしまったようだとお母さんがおっしゃっていました
小さい子供が1人でお留守番もつらいだろうにそんなこと聞かされたらそりゃあ怖いだろうなぁと思った

お母さんにこの出来事をお話したところ、すぐに謝罪に行かなかったことも含め謝っておられました
正直、話す前はお隣にあまりいい印象をもっていませんでした
たまに早朝ベッドから目を覚ますとお隣からよくお母さんが子供を叱る声が聞こえていたから、それも結構頻繁に・・・
でも話してみると人当たりもよく普通の若いお母さんでした
子供に言ってはいるんですけどすいませんと
でも1人でいるのはお子さんにとっては酷なことですしねぇと私が言うとそうですよねぇとおっしゃってみえました
もしまたこういうことが起こった時の対処はどうしたらよいのかうかがい、連絡先でもうかがおうと思ったのですが、病院なので携帯の電源を切っているのでといわれ連絡先はそれ以上聞けませんでした
もしまた来たらお母さんが帰ってくるまで玄関に鍵をかけて待ってれば大丈夫だよと言って帰していただければいいので・・・とおっしゃっていました

それもどうなのかとちょっと思ってしまったのだが・・・
(根本的な解決にはなっていないと思われるのだが・・・)
でもきっと今すぐにはどうすることもできないのだろうと事情をうかがってそれ以上は何も言えませんでした
とりあえず面と向ってあった出来事をその子のお母さんとお話できたことはよかったと思います

もしまたいつか、あの子がうちのピンポンを鳴らしたら・・・
あの子が少しでも笑顔になれるような対応をしてあげられるように心のゆとりを持っていられたらいいなと思っています
またてんてこ舞いでアップアップなような気もしますが・・・
ほんとはうちのピンポンを鳴らさなくてもあの子が寂しくない生活を送ることができれば、それが一番望ましいことなのですが

投稿: ニコ | 2009年4月 7日 (火) 14時30分

それは、大変だね~;;
正直、先にお母さんが、家を出て
その後、小さな子供が1人で学校へ出かけていく様子も
何だか、心が痛みます。
いろいろな事情があるのだろうけど・・・・・

私も 昔、子供が小さかった頃
近所に娘と同じくらいの姉妹がいて、毎日遊びに来るの・・・。
それは、それで良いのだけど
お昼ご飯も へたすると夜ご飯まで食べて帰るような
そんな日が続いたことがありました。
お母さんは、何しているの?
と聞くと、寝ている と言うのだよ~~(^^;)
呆れて物が言えなかったよ・・・・。
恩着せがましく言う気もないけど・・・・
ひと言あっても良いと思うよね やっぱり・・・。
そんな親に限って、
何のお礼の言葉もないわさ・・・・^^;

いつの日かは、うちの門を勝手に締めて出ていく
その姉妹のおじいさん。
道の側なので、危ないから と言うこと・・・。
ここから、出ないで遊んでおきなさい!
だと・・・・ムム~
うちは、保育園じゃありません~~((>_<))
それでも、何も言えなかった私です (T_T)
のちに、ストレスからか・・・胃炎になり
病院に通いました  苦笑。

ニコさんとこに来る少年は、お隣さんなんでしょ?
話してみた方がいいと思う。
後々の事も考えて・・・・・。
それにしても、ちょっと可哀想な少年だね。
強く 逞しく育ってくれるといいけど・・・・・。

追伸、
昨日、キャベツと椎茸のバター炒め 食べたんだ~^^
めちゃ旨い♪
のちほどご紹介させて頂きます~♪

投稿: mana | 2009年4月 7日 (火) 15時08分

ニコさん
今 心の中が重いです
まさきちさんの告白も 私の中に重くのしかかり 涙が出てきました
ニコさんは 自分のことを責めるどころか
ニコさんって ほんとに素敵な方なんですね
お友達になれたことにも心から感謝しています

直接的には解決はしていなくても 少なくてもここで会った数人の大人たちが その子の事を心から考え その子の気持ちを熱く受け止めたということは とっても素晴らしいことだと思います

そして お隣には自分を心から心配してくれる方がいるんだと思うだけで その子はどれだけ大きな力と安心を手にしたことでしょう

子どもは日々成長します
体も心も
小学生だとしたら もうある程度ものの良し悪しも考えられる年齢です

例え実の親だとしても いつもいつも手をとって歩いてあげられないんです
常に その子を襲う不安や恐怖を取り払ってあげられないんです
その子自身が強くなっていかなきゃ
今回 ニコさんの存在が どれだけその子の心の成長を導いたことか

ニコさんにお願いがあります
もし 今度その子にあったら 『大丈夫~?』っていう不安な顔は絶対にしないで下さい
思いっきりの笑顔で 『こんにちは~(*^_^*)』って挨拶してあげてください
『学校 楽しかった~?‥そう じゃあね~』って

その子は 小さいながらも きっと一生懸命自分のおかれてる立場を理解しようとしているはずです

ニコさんの笑顔がその子の力に変わるように 今のまま温かく見守ってあげてください

長くなってごめんなさい

投稿: tukusi | 2009年4月 7日 (火) 15時20分

★manaさん

コメントありがとうございました
なんか皆さんからいっぱいコメント頂けてとっても嬉しいです
昨日は本当にかなり鬱っぽくなっていましたから・・・

ほんとうにそうですね
その子にとってみたら誰もいない部屋に寂しさをがまんして1人でお留守番して1人で学校へ出掛けていくのだから・・・そう思うと心が痛みます

manaさんもとても大変だったんですね・・・
身体まで壊すなんてよっぽどですよ・・・
今は元気なmanaさんでよかった
ほんとにいろいろな人がいてそれぞれにいろいろな事情があってそれぞれにいろいろな子育てがあって考え方もいろいろ・・・

もしmanaさんが経験した出来事が私にも起こったとしたら
どう対応するんだろう・・・
それにしてもちょっとひどいと思ってしまう
親しき仲にも礼儀ありですよね
どんな事情があったとしても常識の範囲を超えるのはやっぱりよくないと思うのです
母親にもなっていない私が偉そうなことは言えないんですけど・・・

昨晩、その子のお母さんとお話をしました
あった出来事を報告してとりあえずはよかったと思っています
皆さんからのコメントで今回のことは自分目線でばかり見ていたことを気付かされ、少し反省しました
もしまたあの子がピンポンを鳴らしたら、あの子が笑顔になるような対応ができればいいなと思っています

冷蔵庫に葉物がキャベツしか見当たらなくて(笑)
たまたま買ってあったしいたけと醤油バターで炒めたというのが実のところです(^-^;
きのこが入るとバター炒めにしたくなるんですよ~(笑)
manaさんに作ってもらえるなんて光栄すぎて夢のようです!
また見に行かなくちゃ!!

投稿: ニコ | 2009年4月 7日 (火) 16時43分

★tukusiさん

コメントありがとうございました
全然素敵なんかじゃないですよ・・・ダメっぷり全開ですよ・・・
皆さんのコメントやブログを見ててほんとにそう思います
自分のダメさ加減を思い知らされ、そしてまた、頑張らなければという気持ちもいっぱいもらっています

tukusiさんのブログはいつも最後に、どうすれば楽しく過ごせるか、優しくなれるか、思いやりを持てるか、笑顔になれるか、そんな色々な気持ちを豊かにさせる温かいメッセージが込められていて、聖母マリア様かと思うほど、いつも尊敬の眼差しで読んでいます
そしていつも、すごすぎる・・・こんな美しい心でいることは私には無理だな・・・こんないい人にはなれない・・・などと、たまに落ち込み反省しながら読むこともしばしば・・・
tukusiさんのプラス思考は素晴らしいです、逆に私はマイナス面が先に立ってしまう方で、たまにだんな様に注意されます・・・

tukusiさんのコメントみて少しホッとしています
あんな拙い私の対応でも、少しはあの子の役に立ったのかもしれないと思うと少し救われました
あの子の心の成長に少しでも力になれたのならよかったと、また私も少し成長できたのだと思うといい経験だったのだと思います

はい、わかりました
今度あの子に会ったら思いっきりの笑顔で挨拶します!
私の笑顔があの子の力に変わるように頑張ります!
そして、影ながら温かく見守っていきたいと思っています

やっぱりtukusiさんってすごいな・・・
私ではそんなこと思いもつかないわ・・・
また自分のダメっぷりさが身にしみてわかり落ち込み・・・
でも次はどうやって接すればよいのかちょっとわかって少し気持ちが和らぎました
本当にありがとうございました

投稿: ニコ | 2009年4月 7日 (火) 17時22分

(今頃コメント‥┐(´-`)┌)
ニコさん、大変でしたね。
そんなに自分を責めないで!
よくやりましたよー、ニコさん!
文面から察すると、お隣と言えどもあまりお付き合いのないお家?
話す事からまず勇気がいったと思うし、読んでてもし自分がその子の母親なら報告してほしいと思ったし‥。
こんなにも自問自答を繰り返しながら思い悩んだニコさんの誠意や優しさはきっと伝わったと思いますよ。
心細かったその男の子もきっと二コさんに感謝してるはず。

自分が抱える問題なら自分が頑張れば済む事も
相手がいるとなると誤解だったり価値観の違いだったり‥なかなかねぇー。心労をお察しします。
取り敢えずは一件落着ですが、これからの対応は課題として残りますね。
あまりラインを緩くしすぎてもダメだし
かと言って、家庭の事情を知ってしまった以上、お隣として放ってもおけないんじゃない?(ニコさんなら‥)
でも向こうのお母さんも女手一つで、子供を強く育てようとしてるんだろうし難しいよねー。
お隣同志お知り合いになったんだから
近づき過ぎず離れすぎず“お隣の優しいおばちゃん”ぐらいな感じで! あっ、お姉ちゃん!
上手く言えないけど、私ならこれからそんな風に接していくかなぁ~。

皆さんのコメント読んでると、色々なアングルの考え方があって
すごく視野が広がりました!
その上、皆さん優しい方ばかりで‥weep
ブログ、paperバンザイpaper ですねー。

投稿: orihime | 2009年4月 7日 (火) 23時24分

★orihimeさん

コメントありがとうございました
とっても嬉しいです
orihimeさんのコメントで、また最良ではなかったかもしれないけど少しはあの子の役に立ったのかもしれないと思うとよかったのだと、少しホッとしています

お隣ですがほとんど面識もなく今回初めてお母さんとはっきり顔を合わせました
そうですね、相手がいる問題だととてもナイーブで慎重になります
正直、とても気が重かったです
でもお話をしてお隣の事情や状況を少し把握できただけでも、これから自分がどう接したらよいのかを考える手立てになったと思い、少しだけ気が楽になりました

そうですね、近づき過ぎず離れすぎず “お隣の優しいおばちゃん” くらいな感じで接したいと思います
(でも心の中では “お姉さん” くらいで(笑))

私も、皆さんのコメントを読ませていただいて、ほんとに勉強になりました
この出来事をブログに書いてよかったって思っています
どうしたらよいのか・・・自分はこれでよかったのか・・・ほんとにすごく悩んでいて、誰かに相談したかったんです
その日は一日中、鬱っぽくて半べそ状態でしたよ(笑)
でもこうして皆さんからいっぱいアドバイスやお言葉を頂けてとても感謝しています
ブログをやって本当によかったと心からそう思います
皆さんと知り合えて本当によかったと心から感謝します
私もそんな風に思ってもらえるような人間になれたらなって思います

投稿: ニコ | 2009年4月 8日 (水) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117713/28988766

この記事へのトラックバック一覧です: アタマイタイ・・・:

« かわいらしさを演出 | トップページ | 減らしましたわ »